メモワール・オブ・ロイストン

山手ロイストン教会の誕生

英国公使館の土地として…

有名絵師・二代目広重が描いた当時の120番地の様子。英国駐屯軍のパレードの後ろに公使館が描かれている。

私達山手ロイストン教会が誕生した山手町241番地という土地は、
明治8年の英国軍駐屯地の撤退と共に、当時120番地だった英国公使館跡を分割し120番及び241〜245番地とに分割され、外国人居留区として誕生いたしました。


慶応3年(1867年)に建築された横浜英国公使館は、残念ながら現存しておりませんが、当時の浮世絵に往年の姿を偲ぶ事が出来ます。
東京・高輪に拠点を置いていた日本で最初の英国公使館が、1863年に勃発した英国公使館焼き討ち事件の後、当地へ移転したことが、私たち山手ロイストン教会の歴史の始まりとなります。

異国情緒と教会

異国情緒と教会

当初から外国人用居留地として開放された事から、
横浜開港から間もなく山手町にはカソリック教会や聖公会などの教会が建設され、横浜に住むキリスト教信者達とその家族との間でコミュニティを成熟させていきました。
現代でも海の見える丘公園近くにある外国人墓地に歴史の面影を垣間見ることができます。

241番地に誕生した山手ロイストン教会

241番地に誕生した山手ロイストン教会

居留地としての開放後、横浜の土地へ新たな希望あふれる外国人実業家達が自身の故郷に思いを馳せるような邸宅を多く建設しました。


世界中で多くの悲しみを残した世界大戦後、241番地は一時的に強制接収されましたが、その後旧ハイチ名誉領事であった横浜の実業家N氏の自宅が建設され、氏の没後山手メモリアルホール・プロテスタント教会として現在の山手ロイストン教会へと生まれ変わりました。
近年パートナーズ倶楽部によるゲストハウス(A番館・B番館)、
そしてサロン館を周囲に備えた、現代の山手ロイストン教会へと変貌を遂げ、地元の人々を始め多くの方々に愛されています。


山手ロイストン教会が応援しているアーティストのギャラリーページです。

ブラフ・ナンバー241

山手町は横浜の開港後、英語で”Yamate Bluff”または”The Bluff”(切り立った岬という意味)と呼ばれていました。
山手ロイストン教会が建つ、Bluff No. 241という土地の持つ歴史を少し紹介させて頂きたいと思います。

ヒストリー

1867年(慶応3年)

1867年7月25日(慶応3年6月24日)

日本政府(幕府)の命を受け、山手の土地最初の競売がバーン商会により外国人に向けて開かれた。

1867年(慶応3年)

英国公使館が完成。東京高輪より拠点を横浜山手町へ移転する。

1875年(維新後:明治8年)
1875年(維新後:明治8年)

英仏駐屯所の撤退により、完全なる外国人居留区になる。
-120番英国公使館跡地が7区画に分割、120番地と山手町241〜245番地となる。


当時の120番地を描いた二代目広重の浮世絵。

1880年
1880年

-Mons. X. Salabelle氏
Bay View House Academy 設立

1895年
1895年

2軒の洋館が241番地に新築される。


241A-フランス風邸宅 (図:明治)
Henri Blum氏 (1858-1926)
フランス、アルザス地方出身。1878年(明治11年)来日し、横浜のオッペルメール兄弟商会に従事した。その後ウイトコフスキー商会の共同経営者となり、以降同商会の経営にあたった。明治27年頃アイザックス商会の一族であるアメリカ人ローズ・アイザックスと結婚、一男一女を授かる。 結婚に際して、著名な居留地建築家であるポール・サルダ(1844-1905:フランス)によるユニークな塔屋を持った新しい住まいを建設したが、これは当時の山手の外国人住宅の中でも一際豪華な意匠と規模を持つ建物であったと記録されている。


  • ブルーム邸の内装
  • ブルーム邸外観。現在のロイストン教会サロン館に位置。
  • ブルーム父子
  • 外観写真2 塔飾りがよく分かる角度。
  • ブルーム邸塔内からワシン坂方面を写した写真。異国情緒溢れる家並み。

241B-ドイツ風邸宅 (図:)
F. Danckwertz氏
P. Vautier
ドイツ系商社ウィンクル商会の下、ダンケヴェルト氏が立てたと思われる。ハンマービーム風の妻飾りを持った大変質の高い邸宅であった。


  • ダンケヴェルト邸の外観写真。現在のロイストン教会礼拝堂に位置。
  • 241Aのブルーム邸塔内からの撮影写真。目の前に見えるのは豪華絢爛なダンケヴェルト邸

当教会では、これら洋館の再建を目指しております。
その為当時この土地に建築されていた2件の洋館に関する資料提供をして下さる方を探しています。
お心当たりのある方は山手ロイストン教会事務局までご連絡下さい。
電話番号:045-625-1166

1923年(大正12年)
1923年(大正12年7月)

関東大震災勃発、両邸宅倒壊
新たにオランダに本拠を置く海運会社の極東支配人邸が建築される。
※現在のロイストン教会礼拝堂の位置。

1945年-1971年(昭和47年)
1945年-1971年(昭和47年)

第2次世界大戦後接収、25年以上の歳月の後山手地区の接収が解除される。 現在のA番館、B番館、サロン館そして事務所館はこの当時、外国人用住宅として建築されたものである。

1992年(平成4年)
1992年(平成4年)

当時241番地に建っていた樫の木に囲まれた瀟洒なクリンカー張りの極東支配人邸は、
平成に入り老朽化に伴い再建築される。
平成4年のN氏死去により、大規模な改築を経て山手メモリアルホール(山手ロイストン教会)として誕生する。

山手ロイストン教会の目の前に位置する大韓民国領事館、近くには米国国務省外交官研修施設があり、複数のインターナショナル・スクールに囲まれたこの地域には伝統的に多くの外国人が今も居住しています。


山手ロイストン教会が応援しているアーティストのギャラリーページです。

【索引】
  • Japan directory 幕末明治 在日外国人 機関名鑑
  • 横浜山手洋館群保存対策調査報告書
  • 横浜外国人居留地 1998年発行
  • 横浜浮世絵 1989年発行
  • 横浜開港資料館
  • 市民グラフ ヨコハマ №27 1978年発行
  • 市民グラフ ヨコハマ №52 1985年発行


当教会では、これら洋館の再建を目指しております。
その為当時この土地に建築されていた2件の洋館に関する資料提供をして下さる方を探しています。
お心当たりのある方は山手ロイストン教会事務局までご連絡下さい。
電話番号:045-625-1166